今からでも買える!?意外なインバウンド銘柄、それはコンドーム。


こんばんは、JSoubaです。
今回はインバウンド銘柄の中でも意外な盲点であるコンドームの銘柄についての紹介をしたいと思います。



そもそもなぜこのテーマについて書こうと思ったか

私が参考にする指標の一つとして「直近四半期の営業増益率」を重視して銘柄を選ぶことがあります。
参考にしているサイトは皆さんおなじみ株探(https://kabutan.jp/)です。

株探の銘柄検索で「直近四半期の営業増益率ランキング」というものがあり、その中身を見ていると最近よく名前を聞く業績が上がってきた銘柄の中になぜかこの企業が・・・


【5194】相模ゴム工業 営業増益率 125%


なぜこのような企業が伸びているのかと疑問に思い調べてみると、答えは簡単に見つかりました。その答えは


中国人がコンドームを爆買いしているから


でした。薬や美容品が爆買いでよく買われていると聞いていましたが、まさかコンドームまで買われているとは・・・意外でした。



なぜ日本のコンドームがこんなに買われているのか

世界のコンドーム市場を見ていくとヨーロッパなどでは非常に生産されている。
現に世界トップのコンドームメーカーはイギリスのSSLインターナショナルであり、世界で約10億人の人が愛用している。(ざっくりした計算です)

それなのになぜ日本のコンドームなのか、それは


・世界一薄いから

・日本製の安心感



です。他国では薄さ0.01ミリは再現できないようですね。



コンドームの今後


実はコンドームはオリンピックにも関係しているのです!

それはなぜかというと、オリンピックの選手村では大量のコンドームが無料配布されるからなのです。
実際に98年の長野五輪では2万個のコンドームが無料配布されているのです。

そんなことしたらメーカー側が無料で配布したら大きな損になるのでは?
という疑問があるでしょうが、そんなことは全くないのです!

なぜなら、実際に使用する選手は世界中で超一流のアスリートなわけです。そんな彼らが日本のコンドームを使い、気に入ってくれたら、きっと自国で宣伝してくれるでしょう。つまり・・・


有名選手がグローバルに宣伝してくれる


という効果が得られるわけなのです。

今回は中国で売れているという話でした。
しかし、ほかの国ではそんなことはないのです。
現在、日本では避妊用具の8割がコンドームですが、米国では3割にとどまり、避妊薬「ピル」を使っているのです。

そのため、日本のコンドームメーカーはコンドームを無料で配布し世界的にコンドーム愛好家を増やそうとしているわけです。



コンドーム関連銘柄

【5194】 相模ゴム工業 (推奨)



超薄型コンドームの2度の生産中止(あまりにも売れ過ぎたのが原因)から立ち直った同社。16年春に出荷を再開してそれが想定以上に売れている。四季報によると爆買い効果は今後も続き、中国向けの輸出も増える、とのこと。
実際に直近の四半期でも大きく増益しており、今後もこの流れは続くと思われる。
「日本株はオリンピックまでは買い」とよく言われるが上の話からいくとこの銘柄は「オリンピック後も買い」というわけである。



その他の関連銘柄

【5122】 オカモト



【5199】 不二ラテックス





※当ブログは一切の助言となる事項は行っておりません。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさるようお願いします。




会社HP
相模ゴム工業:http://www.sagami-gomu.co.jp/
オカモト:http://www.okamoto-inc.jp/
不二ラテックス:https://www.fujilatex.co.jp/


tag : テーマ投資 銘柄推奨 爆買い

2017-03-22 20:47 : テーマ投資 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

ホーム  次のページ »

プロフィール

三代目JSoubaBrothers

Author:三代目JSoubaBrothers
会社を辞めるために株式投資を始めたサラリーマン投資家。
中・小型株を中心に分析し個別銘柄情報を紹介していきます。

Twitterはじめました。
ID:JSoubaBrothers

スポンサードリンク

最新コメント

月別アーカイブ

ランキング参加中

FC2Blog Ranking

検索フォーム